注文住宅におけるキッチンの設計のポイント


キッチンの形状を考えよう

注文住宅は施主が好きなように設計できるのが魅力ですが、一つ間違えるとかえって使い勝手が悪くなってしまいますので、設計に当たっては細心の注意を払う必要があります。特に気を付けなければならないのがキッチンの形状で、何となく格好がよさそうだからといったように感覚に頼って決めてしまうと、後になって後悔する羽目になりかねません。建物が出来上がった後でキッチンをリフォームするのはかなり大掛かりな作業となり、時間もお金もかかりますので、そうならないように、インテリアショールームなどを何度も訪れて実際の使い心地を確認した上で、本当に自分が求めている機能を備えている形状を選ぶようにすると良いでしょう。

キッチン形状のパターンを知っておこう

キッチンの形状を決めるためには、あらかじめどういったパターンが存在しているかを把握しておく必要があります。注文住宅であれば形状はいかようにも決められるものの、定番とされているパターンを知っておくというのは有用です。数あるパターンの中でも最もメジャーなものの一つが、I型と呼ばれる壁に面してキッチン台が横一列に配置されているものです。限られたスペースを有効利用できるほか、作業代やシンク、コンロを横移動するだけで行き来できるというのがこのパターンの魅力です。

また、同じくらい人気なのがL型です。こちらは壁にそって縦横にキッチン台を配するもので、作業場で素材の下ごしらえをして、すぐ横を向けばコンロで煮炊きできるという使いやすい形状になっています。ただし、I型よりも場所を取るという点に注意しなければなりません。

注文住宅は「こんな家に住みたい」という夢を叶えてくれます。施主の要望を元に、工務店と話し合いを重ね、理想的な住まいを作り上げていくからです。夢を形に変えていけるのが、最大の魅力と言えます。