狭小住宅を建てるか迷っているなら、メリットや魅力を知っておこう!


地価の高い都市部で戸建て住宅が持てる!

通勤通学等に便利な都市部で戸建て住宅が欲しくても、地価が高くて諦めてしまうケースはよくある話です。あるいは都市部で長年にわたり住み続けていても、相続等で土地が狭くなってしまい、結果的には家ごと手放すケースも目立ちます。そんな方にこそ、狭小住宅という選択肢をおすすめします。狭小住宅とは狭くて小さい土地に建てられた、コンパクトな住宅を指すのが一般的。業界では15坪以下、または50平方メートル以下の土地として認識されています。

この狭小住宅ではロフトやスキップフロア、あるいは地下室や3階建て以上にするなど、狭い土地ならではの様々な工夫が施されてるのが大きな特徴です。例えば都市部で購入あるいは相続した土地が狭くても、狭小住宅であれば戸建てとしてのニーズを満たすことが可能になります。

経済面での魅力も忘れてはならない!

狭小住宅の魅力としてもう1つ忘れてはならないのが、経済的コストに優れるポイントが多いことです。例えば小さい土地であれば比較的安く購入できますし、たとえ坪単価がやや高めの土地であっても、手に入れやすくなるでしょう。同時に住宅そのものがコンパクトで機能もシンプルであれば、建築コストの抑制までも期待できるはずです。さらに固定資産税や都市計画税といった、税金関係の負担軽減につながる点も、狭小住宅の魅力的なメリットと言えます。自治体にもよりますが、狭小住宅は小規模住宅用地に建てることもできるため、一般住宅用地に建てる場合と比べれば、余計な税金を支払わずに済みます。

狭小住宅は、狭小な土地に建てられた住宅のことを指します。日本の住宅の類型です。一般的には約15坪以下の土地に建てられたものを言います。