注文住宅と建売住宅の違いと、メリットとデメリットを解説します


注文住宅と建売住宅はそもそも何が違うのか

注文住宅とは、依頼主が家の間取り等を決めることが出来ます。つまり、自分の作りたい家を決めて作ることが出来るのが注文住宅のメリットと言えます。そして建売住宅は、すでに完成した家を購入するだけですので、自分で間取り等を決めたりするのが面倒な人には、向いているといえるでしょう。

注文住宅の主なメリットとデメリット

前述のように自分の作りたい家を造れるのが、注文住宅の最大のメリットですが、他にも自分で予算を決められるという点もあります。無駄を省いたりすれば、コストダウンを図ることが出来るからです。逆に注文住宅のデメリットは自分で間取り等を決めるために、時間がかかってしまうということがあります。設計士などと相談する必要もあるために、どうしても時間がかかるのです。他にもコストダウンを図ることが可能である反面、家造りについてよく知らないまま造ってしまうと、逆にコスト削減に失敗する可能性もあるのです。

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅のメリットは、すでに完成した家を購入するだけですので、大変楽なことが挙げられます。他にも建売住宅では、数十棟がまとめて作られるケースが多く、コミュニティが出来上がるというメリットもあります。そのコミュニティでは、同じような年収レベルの人たちが住むために、仲良くなりやすいというメリットがあるのです。逆にデメリットは、自分で家造りをコントロールできないというところでしょう。自分の思い通りの家にしたいのであれば、やはり注文住宅のほうが適しています。

大阪の注文住宅は周囲に様々な施設がある中、家を自分で設計して建てることができるため一生の財産となります。土地も購入することになるため簡単に人に手渡すことはできませんが検討してみてはいかがでしょうか。