北海道で暮らしてみよう!賃貸物件の特徴3選


賃貸住宅の構造に関する特徴について

北海道は寒冷地であり、ほとんどの地域で多雪地帯となっています。そのため、賃貸住宅の構造は本州とは異なり、高い断熱性と気密性が大きな特徴です。近代的な賃貸住宅では、壁の内部や天井裏や床下に分厚い断熱材がたくさん詰め込まれています。窓ガラスも独特な構造であり、2枚のガラス窓を合わせた二重窓になっています。二重窓はペアガラスに比べると気密性は低いですが、防火性を考慮した二重窓を採用しているのです。気密性を高めることで、外気がマイナス20℃を超えるような寒さでも、暖房効率を維持しながら部屋を暖かく保つことが可能です。

札幌エリアにおける賃貸住宅の家賃相場について

東京など本州の大都市から北海道に引越す場合、多くの人が賃貸住宅の家賃相場に驚くかもしれません。北海道内において不動産価格が高いのは札幌エリアですが、1DKクラスの賃貸物件が5万円前後のものを探すことが可能です。2DKクラスになると、7万円前後が相場となっています。ただし、一口に札幌といっても、エリアによって家賃相場が異なります、特に人気なのが地下鉄の駅周辺です。何故なら、冬の交通事情を考慮すると、バスよりも地下鉄の方が好まれるからです。

札幌以外の賃貸住宅事情について

では、札幌以外のエリアはどうかといえば、賃貸物件そのものがそれほど多くないです。これは、札幌以外の地方都市にやって来る若年層の数が少ないことが影響しています。本当に古くて安いアパートか、最近建てられた新しいマンションかに偏っていることが多いです。そのため、時間をかけて自分にあった物件を探す必要があります。

札幌東区の賃貸情報を探すには、この地域の不動産情報を網羅しているサイトを見てみるという手があります。不動産業者の店舗を訪れるのも方法の一つです。