賃貸オフィスとは?メリットとデメリットを理解し、選び方を知ろう!


賃貸オフィスのメリットとは?

会社の事務所にするなど、ビジネス目的で借りることができる物件を賃貸オフィスといいます。賃貸オフィスのメリットは、初期費用を抑えられることです。起業する際、事務所になる物件を購入する場合もありますが、高額がかかります。一方、賃貸オフィスなら会社の規模に合わせた事務所を借りることができ、初期費用は数ヶ月分の賃貸料と敷金・礼金などで済むのです。また、賃貸オフィスの方が、事務所の拡張や移転を気軽にできます。さらに、賃貸オフィスの管理は、不動産のオーナーや管理会社がしているため、管理業務をしなくていいのもメリットです。自由にデスクや棚のレイアウトもできます。

賃貸オフィスのデメリットとは?

賃貸オフィスは借りている限り、継続的に賃貸料を支払わなくてはなりません。賃貸料は固定費になるため、資金繰りが悪い時には負担になってしまうでしょう。所有不動産ではなく、資産にならないのもデメリットです。また、賃貸料がずっと同じとは限りません。インフレで賃貸料が代わり、値上げ交渉をされる場合もあります。

賃貸オフィスはどのように選ぶといい?

賃貸オフィスの多くは、2年契約になります。ただし、途中解約をしても構わないとしていることが多いです。賃貸オフィスを選ぶ時には、契約年数や途中解約はできるのか・解約金はあるかなどを調べるといいでしょう。また、デスクや棚などが揃っている家具付き賃貸オフィスもあります。初期費用を抑えたい時には、設備が整っているところを選ぶのも手段です。さらに、セキュリティ設備の有無やトイレの数なども確認するといいでしょう。

中央区で賃貸オフィスを利用する際は従業員のマイカー通勤や顧客の来訪を考慮し、駐車場の有無を確認することが肝心です。