注文住宅を建てる時は収納と導線も意識してみよう!


収納スペースが多いと生活がしやすくなる

注文住宅は依頼主の希望でカスタマイズ出来るのが大きな魅力です。そして、注文するときに意識しておきたいポイントが収納と導線です。収納スペースが少ないと、物をしまって置く場所が無くなり、片付けがしにくくなったりします。特にキッチン周りは収納スペースの多さが、使いやすさに関係してきますので、注文するときには収納スペースを沢山作ってもらうのがオススメです。キッチンの場合はまず食器を収納しておくスペースがあると、キッチン周りを綺麗に整理整頓出来るようになります。お皿をキッチンの戸棚などにしまっておけば見栄えが向上し、見た目も非常にスマートです。

導線を考えて注文住宅を建てるメリット

そして、間取りを考えるときに意識したいのが導線です。導線が良いと、無駄な動作や移動距離が減って、住宅の使い勝手が向上します。例えば、キッチンとテーブルの距離が離れていると、キッチンで作った料理をテーブルに持っていくまでに歩数が増えてしまい大変になります。またキッチンの他には、洗濯機と洗濯物を干す場所までの導線も同じく重要です。次の動作を考えて導線を短くしていきましょう。ちなみに導線を考える際には、住宅設計の専門家に相談をして決めていくのがオススメです。プロに相談すれば、素人が気付かない導線が短くなる良いポイントなどを知っていたり、アドバイスをしてくれます。収納スペースも含めてよく相談をして、設計の段階から構想を練り、住みやすい住宅を建ててもらいましょう。

埼玉の注文住宅に関して、よく建てられている住居タイプの傾向ですが、費用としては1000~2500万円台のものが比較的多く見られます。また、機能性・快適性の両立に重きを置いた住居も目立ちます。