納得いく家は設計が重要!設計を考える際のポイント


家族構成と成長に配慮する

注文住宅の設計をする際には、いくつかのポイントがあります。そのひとつが、家族構成です。どのような家族がいるのかで、家の設計は大きく変わります、小さい子どもがいる家族と、2世帯同居の家族では、設計に必要となる配慮も異なります。小さな子どもがいるのならば、いつでも親の目が行き届くような設計が良いですが、ある程度の年齢ならばプライバシーも重要です。また、子どもはいつまでも小さいままではないので、成長を見越して設計することも必要です。

開放感とプライバシーを比べる

設計をする際、限られた空間をのびのびと使いたいと考えて、大きな窓を設置しようとする人は多くいます。大きな窓は、確かに外の景色をよく見ることができて、開放感を感じることができます。しかし、反対に外から中を見ることもできて、プライバシーを確保することが難しいのも確かです。解放感とプライバシーの両立をすること意識することが必要です。

断熱性能と間取りに注意

開放感のある家を造りたいと考えて、大きな窓のほかに吹き抜けや仕切りのない部屋を設計する人も多いです。これらの設計は、確かに開放感はありますが、冷暖房の効きが悪いというデメリットもあります。冷暖房を維持する断熱性能をどのようにするかも合わせて考えるとよいでしょう。

収納スペースも忘れずに

空間をできるだけ十分に活用しようとして設計して、収納スペースを確保し忘れるというのは、よくある設計の失敗のひとつです。しかし、空間をすっきり十分に活用して、おしゃれに見せるためには、収納を確保して、きれいにしまうことができるということが重要となります。

東京の注文住宅で土地を所有していない人には、ハウスメーカーなどが紹介してくれる場合があります。また、希望のエリアが決まっている場合は、不動産会社に問い合わせるのもよいでしょう。