注文住宅の購入時に困らないために押さえておくべきこと


家族構成や生活スタイルに配慮して家づくりをしよう

注文住宅は、様々な一戸建てのタイプの中でも多額の購入費用が必要となるため、家庭内で相談をして家づくりに向けたプランを考えることが大切です。特に、将来的に子育てや介護をしやすい家を目指すにあたっては、建築士やハウスメーカーの営業担当と相談をしながら家族構成や生活スタイルに配慮して間取りや部屋の数を決めることがポイントです。最近では、無料で注文住宅に関する全般的な相談ができる設計事務所やハウスメーカーも多数あるため、少しでも注文住宅の購入について悩んでいる場合は、信頼できる担当者がいるところに連絡を入れると良いでしょう。

資金が不足している場合はローンの組み方を理解しよう

注文住宅の購入を検討するにあたり、資金不足の問題がある場合には早々に住宅ローンの条件が良い金融機関に相談をして、将来を見据えて資金計画を立てるのがポイントです。たとえば、住宅ローンの契約者数が多い銀行の中には、一人ひとりの顧客に対してローンの返済に関するシミュレーションを無料で行ったり、無理なく返済できるローンの借入額について、店頭で提案したりしているところが少なくありません。また、住宅ローンを含めて初めて金融機関でローンを組む人を対象とした相談会を開いている銀行も増えています。

そこで、住宅ローンの理想的な借入時期やスムーズな返済方法など大事なポイントを押さえるうえで、積極的に各地の銀行の取り組みについて調べたり、必要に応じて担当者に問い合わせをしたりするのが有効です。

愛知の注文住宅は、多くのハウスメーカーが対応しています。週末には展示会やイベントも開催されていますので、直接住宅を確認したり相談する事が出来ます。