駅から近い?遠い?賃貸物件と駅との家賃の関係性


駅から近い、遠いで賃貸物件の家賃は変わる

部屋探しをする際、気になることの一つが家賃である場合も多いでしょう。同じような広さと間取り、設備であっても、各物件により家賃はバラツキがありますし、大きな差額を感じることもあります。家賃はどういう基準で決まるのか、知りたい人も多いのではないですか?良い物件ほど家賃が高くなるのは不動産業界の常識です。どんな物件かというと、駅からの距離が近い部屋になります。

駅から近ければ近いほど家賃は高くなる傾向があります。基準としては15分以内の場所が条件の良い賃貸物件ということになります。最寄り駅から近ければ、毎日の通勤や通学にも利用しやすく、利便性がよいでしょう。反対に駅から15分以上の距離にある賃貸物件は、バスが必要になることもあり、家賃は安めになります。

駅からの距離について希望条件のまとめ方

賃貸物件を探す際、駅から近いか遠いかで家賃の額に希望の差が出るため、どういったことをポイントに希望条件をまとめたらいいのか分からないと悩む人もいるでしょう。最寄り駅から15分以内の距離であれば、徒歩や自転車で駅まで通えます。駅からの距離の希望条件決めるとき、家賃は高めになるけれど、交通アクセスの良さを重視したい方は駅から近い距離を選ぶのがベストです。一方で駅からの距離は近いほうがいいけれど、閑静な落ち着いた雰囲気の郊外に住みたい、予算は少ないけれど部屋数の多いところや、広々とした住居で暮らしたい人は駅から離れたエリアに住むのもよいでしょう。譲れないところと、ガマンできることを考えて、希望の立地条件をまとめていくようにしましょう。

旭川の賃貸物件の最寄り駅には、駅直結の大型のスーパーがあり、日々の買い物に便利です。また、駅直結ということから、雪が多くなる季節には、とても有用です。