注文住宅の間取りにおける収納場所の重要性


収納はなるべく多めに確保しよう

注文住宅を建てる際には、まずはじめに間取りを決める必要がありますが、その際、収納場所の配置についてもしっかりと検討を行うことが重要になります。間取りというとリビングやダイニング、子供部屋や寝室といった各部屋の広さや配置をイメージしがちですが、暮らしやすい家にするためにはそれに加えて所有している荷物をゆとりをもって納められるだけの十分な収納場所が確保されていることが必要になります。収納が足りないと、いくら部屋数が足りていたとしても、室内に荷物が溢れかえって収集がつかなくなってしまうおそれがありますので、そのような事態に陥らないようにするためにも、荷物の量をしっかりと把握したうえでそれに見合う収納スペースを用意するようにしましょう。

何を入れるかを意識して収納を設計しよう

次に、収納スペースを設計するに際しては、そこにどういったものを納めるのかをあらかじめ想定しておくことが大切です。例えば、コートなどの衣類を吊るした状態で収納できるクロークが欲しいのであれば、少なくとも天井高が2メートルくらいはあった方がよいでしょう。一方、掃除機などの小型家電を入れられればよいというのであれば、階段下の小さめのスペースでも十分なはずです。趣味で作る梅酒を保管する場所を確保したいのであれば、キッチンに床下収納を設けてそこに置けるようにするというのも一案となります。このように、使い方次第で収納の設計は異なってきますので、自分の荷物を把握した上で、それらを入れるためにどういった形状の収納が必要かを検討するようにしましょう。

京都の注文住宅は、厳しい景観条例があっても、条例を守りながら、希望するお洒落な家を建てる事が出来ます。